駐妻の憂鬱 ~ネットビジネスで自分の月収を超えた日~

 

こんにちは、かさまりです。

 

少し更新が途絶えてました。

3月はあーこれは厄月なんだ、と振り返ると思うしかないくらい、大変なひと月でした、、

ノロ系胃腸炎が2回、車の故障が2回(タイヤのパンクとスターター故障でエンジンがかからない!)。

毎週事件がある感じで気が休まることなし!

 

挙げ句の果てに日本から遊びに来てくれた友達になんとその胃腸炎をうつすという、、ひどすぎる、、

 

まぁ、そんなこんなで心身疲れはててました。

 

でも4月に入りましたし、厄月は終わったということで!またいろんな新しいことをやっていきたいなと思っています。

 

 

3月ノロ、そして車の故障の厄月、ビジネスはどうした?

そんな毎週のように何か降りかかる状況でしたが、お仕事は自分がトップなので、止めるわけにはいきません。

最低限の行動にはなってしまいましたが、毎日お問い合わせや買付けや、スタッフさんへお願い事はしてました。

 

 

よく、

 

「何時間くらいやってるの?」

 

と聞かれますが、測ってないのでわかりません。

できるときにできるかぎりやってます。

家事が上手な方って、無意識にちゃちゃちゃっと片付けたり拭いたりが習慣ですよね。

同じことで、常に考える、授乳中も探し物をする、子供がテレビ見ててくれたらパソコンに向かう。もう当たり前になって来てるので何時間、と言えないんです。

 

まぁ、それでもフルタイムのサラリーマンよりは短くなってしまいます。すごく集中してパソコンに向かえるのは2時間くらいでしょうか。

 

夜は起きてられないので、朝3時くらいから起きてやってますが、さすがにバタバタの3月はなかなか起きられませんでした。

 

 

そんな厄月3月でしたが、なんと前職の額面月収を超えました!

うちのお金の計算のサイクルは月末締めです。

毎日計算はしますが、スタッフさんへの支払いなど全部計算して確定するのが5日ごろ。

 

はい、今日です。

 

私にとって、本日はプチ記念日。

 

はじめて前職の額面月収を超え、57万円の利益を達成しました!

 

前職はベンチャー企業のコンサルタント営業でしたので、年齢の割にはもらっていたお給料。それでも入った年次が若く、会社内では営業成績トップなのに給料はドベでした。

また、ベンチャー企業でしたので、年俸制。それこそ何時間働く、という概念もなく働いてました。

 

給料は貢献度で決まるので、出産後の復帰時は給料も月5万円くらいのカット。月収5万円減です。

会社側からすると貢献してないんだから当たり前と言えば当たり前なのですが、どうですか?

5万円カットされて、モチベーション保てますかね?

 

貢献できてないとレッテルを貼られたのに、毎日保育園まで当時1歳のハルを迎えに走る。走っても最後の2人は当たり前でした。

なんとか最後の1人にしないために走る走る。

 

そんなフラフラな生活をしてたので、ハルを送った後に重たい電動自転車ごと倒れて、ぶつけてしまった右膝は、今でも調子が悪いと痛みます。

 

 

もちろん悪い会社ではない。

 

子供なしで働くには楽しい会社でした。

 

でも、1人の子供だけで満身創痍になったのに、2人もいて、次は私1人の怪我ではすまないかもしれない、何より精神的にもう無理。。。

 

それでも他に戻るところがない、こんなアメリカの駐在帰りの奥さんなんて雇ってくれるところがないかも、、、

 

 

でもでも!

 

どうしても戻りたくなくて、

「前の会社より稼ぐ!」

 

と始めたのが今のネットビジネス(バイマ、メルカリ)です。

ついに、こんなにウケほどいろいろなことが起こった厄月の3月に、達成しました。

 

感無量です。

 

 

決してラクではない主婦がビジネスをやるということ

在宅でフルタイムママをしながら働く、正直ラクではありません。

仕事が集中してできるのは明け方、子供達が寝ている時間だけ。

毎日9時くらいに子供達と寝て、早ければ1時、遅くとも4時には起きて仕事をします。

 

まだ1歳半のリコはママべったりのまだ授乳中。夜中も2、3回おきます。

ママがいないと大泣きしておきてしまうので、

苦肉の策で寝室のクローゼットに机をいれてそこで仕事、

ふにゃふにゃ言い出したら急いで布団に戻る、睡魔に負けないようにしながら、寝たらまた机に戻る。

 

そんな毎日です。

 

子供達が起きてしまったら集中時間はおしまい。

着替えさせ、朝ごはんを食べさせ、主人を送り、ハルを送り、

洗濯をして・・・主婦タイムが来ますが、まだ仕事もやりたいことは

山積み。

お客様に送るための荷物も梱包しなくてはなりません。

 

絶賛イヤイヤ期中のリコは、裸ん坊大好き、オムツ大嫌い。

おむつを替えるたびに大泣きされて、そうこうしているうちに昼ごはん。

またおむつ替えに格闘して、昼寝をしそうでしないリコは不機嫌、

そうこうしているうちにハルのお迎え。

おもちゃおもちゃと騒ぐハルをかわしつつ、アイスで釣って

買い物中はリコの監視をさせ、帰宅。

帰ったら晩御飯の支度・・・

 

起きている時間はほとんど何もできません。

だからコウモリのように夜やっています。

キラキラ?いや、キラキラはしてません。

 

 

でもなぜやるのか?

私の場合は、お金を稼ぐこと、それはきっと自分を認めてもらえること

なのだと思います。

自分のやったことに対しての対価をもらえる。

それが生きがいなのです。

 

育児は子供達の成長が対価。

大変ですが、少しずつ成長するのを見るだけで楽しい。

 

では家事は?

逃げ恥の最終回。超共感したみくりちゃんの、

「仕事だからきっちりできたんです。本当は四角い部屋を少し丸く掃いたって死にやしないしいいかって思うタイプです。」

 

わかる~~~!

 

家事が好きな方はいいんです。

 

でも私は苦手で、正直頑張っても四角い部屋は丸くしか掃けない。

だから頑張っても誰も褒めてくれない、お金にもならない。

そんな毎日がこれまた辛かったんです。

 

そして日本帰国を考えた時に、どんな生活がしたいのか?

また走って保育園まで迎えに行きたいのか?

 

これまたノー。

 

 

 

人生は選択の連続、よりベターな道に

何をやって、何をやらないか。

何がしたくて、何がしたくないのか。

 

私の場合は、

  • お金はダブルインカムと言えるだけ欲しい。
  • 日本帰国時に自信と仕事を持っていたい
  • 家事はどうしても苦手だから他のことで家に貢献したい(そして家事は外注化したい!)
  • 保育園に走りたくない

 

並べて見ると超わがまま!笑

 

でも別に自分に控え目である必要も、嘘をつく必要もないですね。

これが私の願望でした。

 

それを叶えるために、やり始めたこと。それがバイマとメルカリです。

 

書いたように決してラクではない。でも楽しいです。

自分が稼いでいる実感もある、保育園に走らなくていい。

そして念願の家事外注も出来始めている。

 

自転車事故を起こすほどボロボロ、第2子なんて考えられなかった日本での生活、

そしてアメリカに来てからのダメ主婦ぶりに自分で自分に落胆する生活。

それに比べたら、楽しいです。

キラキラではないけど、ギラギラはしているかもしれません笑

 

そんなギラギラに疲れることもあって、実際に3月のようにボロッとすることもあります。

 

でも、じゃあ前の自分と比べたらどうか?

 

うん、楽しい、そして頑張っている、

お金という形で自分の頑張りも評価できる。

 

やっていてよかったな、そしてもっと頑張ろう、

そう思った、3月締め終わりのかさまりでした。
駐妻の憂鬱シリーズ一覧はこちらから。

シリーズ一覧:駐妻の憂鬱

 

First Jump、少しでも新たな1歩の役に立ちますように!

今回もお読みいただきどうもありがとうございました。

 

記事に対するコメントやお問い合わせもお待ちしておりますのでいつでもご連絡ください。
 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


駐在妻ランキング
押して頂きどうもありがとうございます!

 
ページトップへ戻る