アメリカ生活スタート!携帯電話を手に入れよう!

various types of mobile phones

こんにちは。かさまりです。

 

アメリカに着いて、まずアメリカの携帯電話を用意することは必須です。

近所のスーパーや公園・コミュニティーセンタの場所を調べたり、車のナビとして利用したり、ママ友を作って連絡を取ったり、幼稚園・学校に連絡したり、日本でもそうですがもう携帯は生活必需品ですよね。

今回は、アメリカで携帯電話会社との契約についてご紹介します。

various types of mobile phones

 

こちらを読まれている方はすでにご存知かもしれませんが、アメリカには4つの大きな携帯電話会社があります。AT&T、Verizon、Sprint、T-Mobileです。私はAT&Tを以前使っていて、今ではT-Mobileを使っております。

ご参考までに、アメリカにおける携帯電話契約者数が書かれているサイトをご紹介します。

market share information of mobile in US

 

 

アメリカ携帯電話プランの特徴

日本の携帯電話の料金プランと比較して良いところは、アメリカはとにかくシンプルでわかりやすいこと!!日本の携帯の料金明細を見ても、項目が多すぎて何が入っていて何が入っていないのか理解するのが大変ですよね。。。

アメリカでは通話・テキストメッセージは基本無制限で、月額料金は月々のデータ通信量によってのみ決まります。

現在使っているT-Moblileは、データ通信10GBで50ドル!

とってもわかりやすく2大会社(AT&TとVerizon)に比べて安かったのでT-Mobileにしました。

都市部の地下や地方に行くとちょっと電波の入り方が悪いですが、それほど不満なく使っております。

 

なお、携帯電話はiPhone アップグレードプログラムを使って購入しました。以前投稿させて頂いたこちらの記事『アメリカ限定!!iPhone を下取り、分割購入できるアップグレードプログラム(iPhone Upgrade Program)を契約しよう!』に詳しく書いております。

 

 

おわりに

最後に、携帯電話会社のプランは日本と同様、アメリカでもよく変更になったり、キャンペーンをやっていることもございますので最新の情報は公式Webサイトでご確認ください。

 

今日の英語ワンフレーズ。

急な用事で日本に国際電話を携帯からかける必要があったり、日本へ一時帰国の際にもこの携帯を利用する可能性があるかと思いますので、契約しようとしているプランにそれらが含まれているかどうか確認しておいたほうが良いです。

“Is international call included in this plan? Can I also use it when I stay especially in Japan?

「国際電話はこのプランに含まれている?日本にいるときもこの電話は使える?」

 

 

First Jump、少しでも新たな1歩の役に立ちますように!

今回もお読みいただきどうもありがとうございました。

ページトップへ戻る

various types of mobile phones

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA