3年ぶりの日本一時帰国を前にドキドキする~駐妻の憂鬱

profile img

笠井まりこ

Category:
駐妻

contents section

この記事は約11分で読めます。

 

こんにちは、かさまりです。

 

実は、明日から日本にビザ更新のために一時帰国します!

2014年9月に渡米してから約3年、初めての帰国です。

 

 

帰りたいか?帰りたくないか?

 

私は旦那さんにくっついてL2ビザというビザできているので、3年で更新というのは決まっておりました。

なので、どんなに遅くても3年経ったら1回は日本へ帰れる。

 

でも一方で旦那さんはいつ帰国辞令が出てもおかしくない身の上。

通常会社的に3年というのが一区切りだし、何より旦那さんのポジションはもともと1年で帰国するポジションでした。

今までも何人も日本に帰る人を見送って来ました。

そんな中で神様が強烈な私の願いを叶えて来てくれて、ここまでアメリカに残れているので、

日本に一時帰国したいと思ってないわけではないのですが、

それよりもアメリカに残りたい!

という方に気持ちが行っていて、日本に一時的に帰るというのは何となく自分的に遠い話でした。

 

そしてもろもろ他の人事異動があったようで、2週間前に確定した帰国日。

 

一気に、一時帰国が現実として押し寄せてきました。

 

まず向こうで誰に会うのか?

お土産は?

スケジュールは?

どこに泊まるんだ?

わーわーわーわーやっていたら、いつの間にか前日。

 

何とかお土産は買ったものの、まだトランクは空っぽ・・・。

 

そしてそのプロセスの中で、考えたんです。

 

「私、本当に帰国したいのかな?」

 

確かにどんどん歳をとって、

まだこちらで生まれたリコにもあってもらっていない祖母達

(子ども達にとってはひいおばあちゃん。ラッキーなことに全員元気です!)

に曾孫をぜひ会わせたい!

 

でもそれ以外は・・・?

お土産を買っていて、そして遅々として進まない自分の準備を振り返って、ふと思ったのです。

 

 

3年ぶりに会うって、ちょっと怖い

 

正直に言います。

私は3年ぶりの帰国、相当怖いです。

3年間会っていなかった人たちと会う。

 

価値観がすごくずれてて、空気の読めない発言ばかりしたらどうしよう。

 

自分で始めた色々なことを話すのか、話さないのか。

 

受け入れられない人もたくさんいるでしょう。

 

受け入れられないことに立ち向かうって、私的には勇気がいることです。

かといって、今の自分を隠しきれない気もします。

 

だからお土産だけは気合を入れて足りなくならないようにトランクに詰めてあります。

(でもお土産だけでトランク1個分、しかも重さがすでに重量オーバー!

これから調節しなくてはなりません・・・)

 

それ以外の帰国準備が遅々として進まず、気づけば前夜。

今日1日寝たら明日、帰るんです。

さすがにこのまま何も持たずに帰国はできないので、やらなくてはいけないのですが、

どうにも気持ちが落ち着かなくてこれを書いています。

 

 

逆に、それだけ居心地が良くなった、今の居場所!

 

でもそう考えると、今アメリカでは随分と気楽に、

そして自由に生きられているんだなーと思いました。

 

家で働くことを応援してくれるママ友がたくさんいる。

一緒に仲間としてやりたいと言ってくれて、朝から晩まで一緒に過ごしてくれる仲間がいる。

 

なんて幸せなんだろう、と昨日ふと思いました。

夏休みが始まっていますが、毎日どこかで遊びたい、誰かと遊びたいとこうるさい4歳息子ハルともう魔の2歳児に突入している1歳娘リコがいるので、なかなか仕事は思うようにできないのですが、一緒にやってくれる仲間&その子供達のおかげで毎日賑やかです。

 

そして楽しい。明日からみんなとしばらく会えないかと思うとちょっと寂しいです。

 

 

好きな人と生きて何が悪い!

 

日本の美味しいものが食べたい!ずっと会えてない人たちに会いたい!そういう思いの一方で、何となく気持ちが重たいこの事実。

 

旦那さんは

「どうしてそんなに楽しみそうじゃないの??」

と。

 

理解不能のようなのですが、何でなんでしょうね。

 

きっと日本にいろんなしがらみを置いてきていて、それと向き合わないといけないこと、

そして本帰国のことが一気に現実味を帯びるのが嫌なのかもしれません。

 

そうなった時に思うのです。

 

「好きな場所で、好きな人と生きて何が悪い!」

 

 

少し話が変わりますが、最近やめたことがあります。

それは、息子が呼ばれた、お友達のお誕生日会で居残ること。娘も連れて行った時には仕方なく残ったり、話したいママがいれば残りますが、あとは大体ドロップオフして帰ります。

 

なぜなら、居心地が悪いから!

2時間も子供を横目に普段会いもしないママ達と話すことは私はありません・・・。

 

日本だったら許されないような気がします。

でもこちらはその選択肢だって、ありなんです。

別にしたくないことはあえてしなくていい、そういう文化は本当にストレスが少ないなーと思います。

2時間、誰と話そう?と必死に探すよりも、

子供がいない間に買い物をすませる。

カフェで仕事する。

よっぽどこちらの方が生産的です。

誰も咎める人はいません。(ま、正確には息子には文句を言われますが・・・)

 

そしてママ友。

 

大好きなみんなとだけ付き合えばいい。

応援してくれる人とだけ会えばいい。

 

これって、よく考えたら普通ですよね?

 

あえて自分を理解しようとしない人と本当は会わなくてもいいんです。

自分が苦手だなーと思う人と付き合う必要もないんです。

 

でも、日本だとそうもいかない。

 

不思議ですよね。狭いからなのでしょうか。

それとも、私だけ・・・?

 

 

選ぶ」ことの基準、そして必要な力。

 

それでも、今のように考えられるようになったのは、

少しでも自分の意思で仕事をするようになり、稼げるようになったからだと思います。

 

自分で稼いでいる、自分の力で何かをしようとしている、それが自信となり、自分の心を支えるのです。

始める前の自分は、

「前に働いていた会社に正社員で戻ってはダメと言われたらどうしよう」

「他の人に嫌われたらどうしよう」

「こんなに散らかっている家を片付けられない、ダメ主婦」

 

そんなネガティブな不安だらけで、誰にでも、自分にすらおべっかを使っていた気がします。

 

でも今は、もちろん毎日必死ではありますが、少なくとも自分に正直に生きてもいいんだ、

そういう心は持てるようになった気がします。

「自分で稼ぐから、前の会社の仕事は自分がやりたくてやるんだ」

「自分が興味ない人に嫌われて何が問題がある?」

「散らかってる?クリーナーさんに手伝ってもらえばいい」

 

とても前向きになれました。

 

でも、が続きますが、でも。

日本ではまだまだきっとこういう考え方や、自分自身が浮いてしまう。

受け入れてもらえない気がする、今そんな気持ちと戦っております。

 

本帰国の時はさらに、もっと、戦うんでしょうね。

本帰国の後に、またアメリカに戻ってこられるように。

自分の好きな場所で、好きな人と自由に過ごせるように。

まずは稼ぐ!我が家はそこからです。

 

さて、ドキドキ帰国!どうなることやら!

とりあえず、荷造り、始めます。

 

3年ぶりにみんなと会うということで、色々とお土産を試行錯誤したので、

それも次の記事で書きたいと思います!

また、事務的なことですが、ビザ更新でも地味に写真が必要だったりなんだりしたので、

そのこともまとめたいと思っています。

 

シリーズ一覧はこちらから。

シリーズ一覧:駐妻の憂鬱

 

First Jump、少しでも新たな1歩の役に立ちますように!

今回もお読みいただきどうもありがとうございました。

 

記事に対するコメントやお問い合わせもお待ちしておりますのでいつでもご連絡ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


駐在妻ランキング
押して頂きどうもありがとうございます!
ページトップへ戻る

Category:
駐妻

related post

関連記事

  • 1歳10ヶ月アメリカで断乳!そのとき娘の

      こんにちは、かさまりです。     ここ数日、実は体調不良で生きるのが精一杯でした。   何か・・・それは断乳によるパイの痛み!!   しかし、1週間経った今、ようやく落ち着きました。   私には2人の子供(いま4歳半の息子、ハルと1歳半の娘リコ)がおりますが、 今回(前編)では私と下の娘、リコの断乳のお話を中心に書こうと思います。

  • Manhattan

    シリーズ一覧:駐妻の憂鬱

    『駐妻の憂鬱』シリーズの一覧です。 駐妻の憂鬱 前編 駐妻の憂鬱 中編 駐妻の憂鬱 後編 駐妻の憂鬱 〜帰任か残留か?〜 駐妻にとって主人の帰任時期がいつになるのかはいつも悩みの種です。自分自身のキャリアの不安、日本で新たに生活を始める不安。。。 ママだって、妻だって、もっともっと自分でいたい!私がこちらで決断したことをご紹介します。 アメリカママのベビーシッター・家事代行事情 〜フルタイム在宅

  • usflag

    駐妻の憂鬱 後編

    こんにちは。かさまりです。さて、プロローグ最終章です。   前編はこちら、中編はこちら。   前回は、車の運転ができなくて、出かけられなくて泣いた話を書きました。   泣いた事件、もうかさい家にとっては私が泣くのは事件です。 旦那は見なかったことにしてしまうくらい、普段は起こらない、大事件です。   そんな旦那も無視できなかった、ひとりキッチンで泣いた理由。

  • Cheering up girl

    駐妻の憂鬱 〜帰任か?残留か?〜

      こんにちは、かさまりです。   今日は、駐妻の憂鬱、番外編?むしろ本編ですね。 こちらに来てから、半年に一回悩まされる、大きな問題です。でした。     残留か?帰任か? 半年に1回の不機嫌期間 駐妻、駐在ファミリーの宿命、それは「いつかは日本へ帰る」です。 5年10ヶ月いた先輩夫婦にもある日突然帰任命令が。主人の会社は辞令後1ヶ月で帰任しなくてはいけな

  • 大好きな友人が帰任決定!?また忘れてた、

    こんにちは、かさまりです。   長ーーい夏休みも気づけば折り返し。 最初は苦痛だった24時間1歳と4歳の子供たちと過ごす生活もすっかり慣れて、 今は残りを楽しまなくてはな、と思っています。     前触れもなく下された、帰任命令。 さて、タイトルにある通り、大好きな友人、 かつ仕事のパートナーの旦那様に帰任辞令が下されました。 日本帰国までに与えられた時間は約2ヶ月。

  • usflag

    駐妻の憂鬱 前編

    はじめまして、かさいまりこです。 2014年9月、今から2年半前、私の肩書きは「駐妻」になりました。 アメリカに来て2年半、引っ越し、出産、また引っ越し、そして起業。 書き出してみると結構いろいろとやっているようです。 一つ一つ何かが起きるたびにたくさんインターネットを検索して調べたり、 人に聞いてきたりしたのですが、ひょっとして自分のこの経験も、 誰かのお役に立てるかもしれない、そう思って、ブロ

  • 1歳10ヶ月アメリカで断乳!断乳後のケア

    こんにちは、かさまりです。   前回『1歳10ヶ月アメリカで断乳!そのとき娘の反応は?(前編)~駐妻の憂鬱』では、 1歳10ヶ月のリコと、どうやって断乳したのか? そしてその後の親子関係はどうなったのか、 についてお伝えしました。   結果的にもう私たちのタイミングだったんだなーと、ハッピー断乳ができたと思っています。 (現在断乳してからちょうど1週間、娘は特にパイを欲しがる

  • TKG - Tamago Kake Gohan

    日本で、アメリカ駐在になって恋しいものを

    こんにちは、かさまりです。   日本の湿気と暑さにすっかりやられております。   あまり「アメリカでは」というと、「ではの神」と言われてしまいますが、あえて言います。   アメリカではもっと冷房が効いてるぞ~~~! 熱中症で死ぬ人なんていないぞ~~~!   スッキリしました。   ※ではの神とは・・・ 何かというと「アメリカでは~」「フランスでは~

  • Launch new business

    専業主婦の私が起業?ピンとこない・・・と

      こんにちは、かさまりです。   最近、ちょっといらっとしていることがあります。 自分のしていることを話すと、周りに 「かさまり起業しちゃいなよ~」 と言われるのです。   いったいなんなんでしょうね、起業って。     起業っていう、肩に力が入った感じがイヤ   起業という言葉を見ると、意味は、 「生業を起こすこと、新しく事業を始め