駐妻の憂鬱〜ストレスマックスで3人目が生まれたらどうなった?〜

profile img

笠井まりこ

contents section

この記事は約7分で読めます。

大変ご無沙汰しております・・・。

なんだかんだと色々あった2018年でしたが・・・一番大きかったのは、なんと3人目を妊娠したこと!

この出産のすったもんだはまた後日書きますが(無痛分娩のはずなのにめっちゃ痛かった!話とか、保険のこととか、バージニアとニューヨークの出産事情の違いとか)

何はともあれ、2019年1月初旬、無事に3人目の次女を出産しました!

アメリカでの2回目の出産だったので、無痛分娩の段取りはだいたいわかっていたのと、義理の両親がいてくれたので、おかげさまで余裕のある出産でした。

 

生まれた後も睡眠不足だったり、子供たちがギャーギャーしてたりなんだりしますが、たぶん、自分史上最高に冴えてます笑

理由はとってもシンプルで、

「ストレスフリー」だから

だと思います(^^)

なんだか今、心も体もお金も、1番余裕があって、本当にラッキーだし幸せだなーと思えています。
いや、色々もちろんありますよ!冬でみんな風邪ひいてるぜい!とか。

でも、

「じゃあ仕事を少しセーブすればいっか」

「BUYMAもStellar Girl’s Collegeもやれる範囲でやればいい」

そんな気持ちとお金の余裕があるありがたさ。そして仲間がいることのありがたさたるや!

そんな今、改めて思っているのは余裕を持つこと、ストレスフリーであることの大切さです。

長女を産んだ時は全てが不安定で、ストレスマックスで、ほぼ記憶がありません笑

そして、、、

実は、去年の妊娠発覚時期も、正直、夫婦仲やママ友とのことですごく悩んでました。つわりもひどく、もうほんとにやだーって思う日々。

こんな状態で、3人目が生まれてきてどうなるんだろうと不安で泣いた日もあります。

こんな風に思う私のところに生まれてくる赤ちゃん。なんて申し訳ないんだ、と苦しかったです。

そんな状態でしたが、今は心から「赤ちゃん、可愛すぎー!(かなり大福のようなほっぺただけど、、、)」と思えてます。良かった。

転機は、去年8月に日本に戻って、師匠でビジネスパートナーでもある、
花井志穂さんに言われた一言。

「私、ストレスないから。笠井さん、抱えすぎ。」

えーーーー!ないって何?!

いや、ストレスが全くない人間はいません。

志穂さんもそれなりにハードな人生を選んで生きてるので笑

その時その時はあると思うんです。

でも、ストレスをそのままにしない、というのが正確な意味だと思います。

もっと言うと、ストレスと闘う。

その日から、私の中の合言葉は

「2019年はストレスフリーになる」

になりました。

手始めは旦那さんとの関係。今までイラっとすることも、不平等な家事育児にも、嫌いな怒鳴り声にも、心の中で罵倒しつつも我慢してました。

でも。

私だって家で、しっかり働いてるし、やることだってそれなりにある!

せっかく自由に働くためにがんばってきたのに、なんで「上司風旦那」につきあわないといけないんだ!

譲れない一線があるんだ!

と闘い始めました。

「一緒に幸せに暮らすって何?」

と。

そうやって、真正面からぶつかっていったら、不思議なことに、、、

夫婦仲は良くなりました。

そんなもんなんですね。

今も超細かいことは我慢しちゃいますが笑

お互いに悪かった時は謝る、嫌だったことはしっかり言い合える夫婦になってきました。

自分で結局ストレスを作り出してたってことですね。

そして。

余計なことに気を揉んだり、悩まなくなって、シンプルに目の前の集中したいこと、やりたいことに時間と頭を割けるようになりました。

今、仕事はもちろん、久々の新生児との暮らしも、楽しんでます(^^)

あそこで、ストレスについて目を覚まさせてくれた志穂さんに、本当に感謝です。

やっぱり私にとって史上最強の師匠で、ボスだなと改めて思います。

私がこういう風にストレスたちと、とここまで闘えたのは、お金の稼ぎ方を知ってて、
そしてアメリカという場所だけでなく、仲間がしっかりいたこと。。

だから、子供達と一緒でも、路頭に迷わない。たった一人になることはない。

そんな自信が生まれたからこそ、気兼ねなく闘えたんだと思います。

2年前の私だったら、ストレスにまみれながら、諦めてた。

お金と、自分への自信と、そして仲間と。

どれも、私のように旦那さんが稼いでくれてる人は
いらないって言われたらいらないものかもしれない。

でも、あったら最強ハッピーになれるものだなと。

ちびっこい生まれたばかりの1ヶ月の娘を腕に抱きながら、やっぱり生まれたからにはハッピーに、自由に生きられたらいいよね、と思うのでした。

これを読んでくれているあなたも何かのストレスを抱えてるかもしれません。

我慢してるかもしれません。

周りを変えるのはすごく大変だけど、自分が変わると決めると、周りを見る目が変わるし、だんだんと周りも変わるかも?

さて、そろそろずっと書いてなかった出産についての色々を書かないと、歳も歳だしすぐに忘れちゃう!!笑

related post

関連記事

  • Manhattan

    シリーズ一覧:駐妻の憂鬱

    『駐妻の憂鬱』シリーズの一覧です。 駐妻の憂鬱 前編 駐妻の憂鬱 中編 駐妻の憂鬱 後編 駐妻の憂鬱 〜帰任か残留か?〜 駐妻にとって主人の帰任時期がいつになるのかはいつも悩みの種です。自分自身のキャリアの不安、日本で新たに生活を始める不安。。。 ママだって、妻だって、もっともっと自分でいたい!私がこちらで決断したことをご紹介します。 アメリカママのベビーシッター・家事代行事情 〜フルタイム在宅

  • 駐妻の憂鬱~自由人=変人でなくなってきた

    こんにちは、かさまりです。   日本滞在も折り返し地点、いやむしろあと残すところ数日。 あっという間ですね!   連日色々な人に会って、それはそれは有意義な日本滞在。 自分たちのために時間を割いて下さった皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。   でも不思議なのは、ほとんどの人が3年ぶりかそれ以上なのに、全然そんな感じがしないこと。 みんな元気で、バリバリしたり、ほんわ

  • 大好きな友人が帰任決定!?また忘れてた、

    こんにちは、かさまりです。   長ーーい夏休みも気づけば折り返し。 最初は苦痛だった24時間1歳と4歳の子供たちと過ごす生活もすっかり慣れて、 今は残りを楽しまなくてはな、と思っています。     前触れもなく下された、帰任命令。 さて、タイトルにある通り、大好きな友人、 かつ仕事のパートナーの旦那様に帰任辞令が下されました。 日本帰国までに与えられた時間は約2ヶ月。

  • ママよ、大志を抱け!セミナーwith花井

    こんにちは、First Jumpかさまりです。   最近少しブログはご無沙汰になってしまっていましたが、その間も日々動いておりました。 9月でちょうどBUYMAとメルカリをはじめて1年。 ついに、BUYMAとメルカリで利益85万円を突破しました。 ここから経費やスタッフさんへの報酬を差し引いても、 手元に残るのは50万円強。 軽く日本で勤めていた時のお給料を超えました。   &

  • TKG - Tamago Kake Gohan

    日本で、アメリカ駐在になって恋しいものを

    こんにちは、かさまりです。   日本の湿気と暑さにすっかりやられております。   あまり「アメリカでは」というと、「ではの神」と言われてしまいますが、あえて言います。   アメリカではもっと冷房が効いてるぞ~~~! 熱中症で死ぬ人なんていないぞ~~~!   スッキリしました。   ※ではの神とは・・・ 何かというと「アメリカでは~」「フランスでは~

  • girl into depression

    駐妻の憂鬱 ~Time is Money

      こんにちは、かさまりです。   季節の変わり目で強風がビュービューと吹き、重い花粉症持ちの私は朝起きると目が腫れあがっています・・・。     さて。本日のお話は「時間」についてのお話です。     結構忘れがち、時間は有限 自戒も込めてなのですが、特に子供に追われて生活していると、1日ってあっという間に過ぎませんか? 特に家事が得意

  • usflag

    駐妻の憂鬱 中編

    こんにちは。かさまりです。   前編はこちら   私は滅多なことでは泣きません。上司に残念がられた時も、心では泣きましたが、涙となって出ることはなかったです。 なんとなく、泣いたら負け感が自分の中であります。別に泣けば浄化されてスッキリするの、知ってるんですけどね。 子供たちがエンエーンと泣くのを見るとちょっぴり羨ましく思います。 でも泣けないものは泣けない、あえてなく必要もな

  • 駐妻の憂鬱〜ストレスマックスで3人目が生

    大変ご無沙汰しております・・・。 なんだかんだと色々あった2018年でしたが・・・一番大きかったのは、なんと3人目を妊娠したこと! この出産のすったもんだはまた後日書きますが(無痛分娩のはずなのにめっちゃ痛かった!話とか、保険のこととか、バージニアとニューヨークの出産事情の違いとか) 何はともあれ、2019年1月初旬、無事に3人目の次女を出産しました! アメリカでの2回目の出産だったので、無痛分

  • baby and mom

    アメリカママのベビーシッター・家事代行事

    こんにちは。かさまりです。   先週はニューヨークではWinter Recessと言って、まぁ、冬休みでした。 これはアメリカでも地域によってあったりなかったりするようでして、ポートランドに住む友人はそんなものはないと言っていました。   下の娘リコがアメリカで産まれて2ヶ月、上の息子ハルが3歳の時に幼稚園に行き始めました。 幼稚園に通い始めるまでは平日の子供あり、旦那なし、超