メキシコ、リビエラマヤでレンタカーを借りる!子連れでチェチェン・イッツァ遺跡へ!(その1)

El Castillo at Chichen Itza, Mexico

こんにちは。かさまりです。

 

1週間の夏休みを利用して、リゾート地としてアメリカ人に大人気のメキシコ、カンクン近くにある

リビエラ・マヤに行ってきました。

今回滞在したリゾートは、『ヴィダンタ・リビエラ・マヤ(VIDANTA Riviera Maya)』が運営するリゾート施設が並ぶエリアの中で『グランド・ルックス・レジデンス・クラブ(Grand Luxxe Residence Club)』

 

さて、今回は1988年に世界遺産に登録されたメキシコ、マヤ文明の遺跡チェチェン・イッツァ(Chichen Itza)にレンタカーで行きましたのでその様子をお伝えします。

 

チェチェン・イッツァは非常に有名なので、ツアーも多く組まれているのですが、

我が家は5歳と2歳の子連れで自分たちのペースで移動したかったのと、

帰りにリビエラ・マヤの中心的な港町 プラヤ・デル・カルメンに寄って食材の買い出しをしたかったので、

今回はレンタカーでの移動を選びました。

が、海外での運転に自信がない方は、ツアーで行くことをオススメします。(その理由は後ほど書きますね。)
結果的にレンタカーでの旅はややサバイバルっぽくなり、楽しかったですが、グランド・ルックスに戻る頃には疲労困憊でした。笑
今回はこの、レンタカーについて。

チェチェン・イッツァ遺跡の詳細を知りたい方はその2へ進んでください。

 

記事一覧はこちらから!

『アメリカ人に大人気!?子連れでカリブ海リゾートを満喫!リビエラマヤ、カンクン旅行』

 

 

メキシコでレンタカーを借りる。そのお値段は?

カンクン空港には何社かレンタカー会社のオフィスがありそこで車を借りることもできますが、

わざわざ空港まで移動せずともリゾートやホテルのロビーにレンタカー会社がカウンターを設けていることがあります。

私たちが滞在したヴィダンタでは、グランド・マヤ(Grand Maya)のロビーに

アメリカのレンタカー会社である『アラモ(Alamo)』があり、そこで借りることができました。

 

1日、日産のミッドクラスの車を借りてお値段は2,500ペソ(約147ドル)でした。

車を返却する前にガソリンを2/3くらい入れて満タンにしたのですが、そのときも52ドルくらいかかったので、

アメリカに比べてレンタカーの値段、ガソリンの値段は高いですね。(空港で借りればもっと安かったかも。。。)

 

私たちはアメリカ(ニューヨーク)の免許を持っていたのでそれを提示することで借りることができました。

日本からメキシコへ行かれる方は、国際免許証を念のため取ってから行かれた方がいいようです。

 

日産の車は、アメリカで借りるほど新しくて高機能!という感じではありませんでしたが、

ふつうにしっかり走る車で一安心。

出発前に傷がないかとか、ガソリンが満タンかとか、日本でレンタカーを借りるのと同じように丁寧なチェックをしてくれました。

(アメリカの場合だと駐車してある車にチェックなしで乗って行くので、ちょっと新鮮でした。)

 

 

メキシコの交通事情は?

いざ乗り出してみると(実際には旦那さんが運転したのですが)いくつか気づいたこと、注意することがあります。

  • 左ハンドルの運転
    これはアメリカと一緒ですね。日本からのご旅行に来られた方は、車線も反対ですのでお気をつけください。
  • 交差点で赤信号でも一時停止で右折可能
    これもアメリカと一緒。交差点で停止して、左からの直進車もしくは対向車線の左折車が来ないことを確認すれば、赤信号でも右折することが可能です。(一時停車せずにどんどん右折している車をかなりの確率で見ましたが。。)
  • 高速道路の最高時速は、110km/h
    高速道路は広くて直線が多いので、みんな飛ばしています!110km/hで走っていても130-140km/hくらいで走っている車にかなり抜かされました。。スピードを取り締まる警察には一度も遭遇しませんでしたが、皆さんも安全運転でお願いします。
  • 最高時速がころころと変わる!
    90km/hだったのが、とくに周りになにもないのに急に40km/hの表示が現れたり。
    通常は町に入るとか、後で書く段差があるとか、何らかの理由があるのですが、理由がよくわからず減速を求められることも何度かありました。
  • 突然、段差が現れる!
    よくショッピングモールの駐車場などにある、スピードを落とさせるためのものです。10-20km/hくらいまで徐行せずに乗り上げるとかなりの衝撃を感じます。
    これがふつうの道にもあって、旦那さんもかなり驚いていました!
    段差が現れるのは、

    • 街中の交差点で信号がないところ
      交通量がかなり多い交差点なのに信号がなく、進入するときに段差だけあるんです。段差を通過するだけでなく、左右と対向車線の左折の車が来ないことをよく確認して、通行する必要があります。
    • 高速道路の途中
      たまに警官が警備をしている場所がありそこでは急に、110km/hの最高時速表示が40km/hなどになって、段差が出現します。
    • 田舎のローカルな道で、点在する町の入口とその中、出口
      後でまた書きますが、実は行きは間違えて高速道路ではなく、ローカルの道を通りました。
      ローカルの道も基本的にまっすぐ1本道で、90km/hくらいの速度で走ることができるのですが、途中田舎町が点在していて人が外で歩いたり、自転車やバイクに乗っています。その区間では段差が多くあります。
  • ボロい車が多い。
    やはり、メキシコは日本やアメリカほど豊かではないことを再認識しました。ランプやフロントガラスが割れていたり、車のボディがぼこぼこの車を多く見かけました。

 

 

行きはローカルの道でメキシコの田舎町の様子を見ることができました。

私たちが滞在しているリビエラ・マヤからチェチェン・イッツァまでは有料の高速道路を使って順調に行けば車で2時間の距離です。

でもなぜか、、、、

行きは、高速道路(180D)ではなくローカルの道(180)に乗ってしまい、けっきょく3時間くらいかかりました。

ローカルの道も90km/hくらいで走ることができますが、

1車線で遅い車を追い越したり、途中、田舎町があって段差がたくさん。

町では人や自転車、バイクがかなり往来しているので、旦那さんはかなり運転しにくそうでした。

 

 

でもその代わり?メキシコの田舎町の様子を見ることができました。

 

(ちょっと失礼な言い方かもしれませんが、、)こんなところに日本人に出てきそうな町の様子。

写真では写っていませんが、けっこう人が外に出ています。小さい子連れのお母さんがよく歩いていたり、暑し家の中には冷房がないので外の日陰で料理をしていたり、といった地元の方の生活の様子を見ることができます。

 

バイクの前に屋根付きの座席をくっつけています。

これが主な移動手段のようでたくさん走っていました。

 

 

高速道路の料金

高速道路の入口で発券機からチケットを取り、出口で現金で払います。ドルでも払えるかもしれませんが、ペソを持って行くことをオススメします。

約250ペソ:高速道路(180D) チェチェン・イッツァ ー 高速道路305Dの入口まで

100ペソ:高速道路(305D) 高速道路180D ー プラヤ・デル・カルメン

 

 

さて、長くなってきたので今回はここまで。(まだチェチェン・イッツァに着いていないですが。。)

遺跡の様子は、『子連れレンタカーでチェチェン・イッツァ遺跡へ!リビエラマヤ、カンクン旅行(その2)』で詳しくお伝えさせて頂きます!

 

 

場所情報

チェチェン・イッツァ遺跡(Chichen Itza)

 

 

さいごに

地球の歩き方は、今回のメキシコ観光の全体概要を把握するのに最適だと再認識!事前に読んでおくことをおすすめします。

 

記事一覧はこちらから!

『アメリカ人に大人気!?子連れでカリブ海リゾートを満喫!リビエラマヤ、カンクン旅行』

 

First Jump、少しでも新たな1歩の役に立ちますように!

今回もお読みいただきどうもありがとうございました。

 

記事に対するコメントやお問い合わせもお待ちしておりますのでいつでもご連絡ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


駐在妻ランキング
押して頂きどうもありがとうございます!
ページトップへ戻る

El Castillo at Chichen Itza, Mexico